about : For R.T.

東京丸の内のバンケット「東京會館」、その中にあるダイニング「ロッシニ・テラス」のためのアートワーク。

店内に入ると天井に一つの大きな波紋。それは内部全体に行き渡り、窓の外へと余韻を広げている。

作品はその広がりの半ばで揺蕩っている。

銀線のカーブと、白の丸みのリズム、二つのマテリアル、二つのフォルムの交響が、

波紋の流れに乗って、通りを行き交う人々の視線を室内に引き込み、

室内で憩う人々の眼差しを屋外の風景に導びいている。


場所:ロッシニテラス(「東京會館」1F)、東京都千代田区丸の内

制作期間:
2018年3月ー2018年11月

素材:
ステンレス鋼、白磁

制作協力:
有限会社東田鐵工所、一級建築士事務所ODE


An Artwork for the dining room “Rossini Terrace”, in the banquet “Tokyo Kaikan”, Marunouchi, Tokyo.

A large ripple on the ceiling, is spreading throughout the interior space, extending the reverberation to the exterior.

The work is swaying in the middle of the ripple.

Gentle curves of silver lines and the rhythm of white round shapes.

The sinfonia by two materials, two forms flowing on the ripple, draws the gaze of the people outside into the room, leading the eyes of the people inside to the outdoor scenery.

Site:
Rossini Terrace ( Tokyo Kaikan 1F ), Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo

Production period:
March 2018 – December 2018

Material:
Stainless steel, porcelain

Production cooperation:
Higashida Iron Works, Limited Company, ODE architects